• トップ /
  • 家探しでは費用を決めておく

家探しとお金について

家探しをする前に、見つける予定の物件の費用について考えておくべきです。賃貸の場合は、毎月定期にお金が出ていくことになるため、それが高すぎると負担が重くなります。そこで、収入に見合った上限を設定して負う必要があります。そこで、最初にそれを決めておくべきです。費用を決めておくことで、たくさんの物件の中からある程度の絞り込みをすることができるため、家探しが楽になります。いくらくらいの家賃が適切かについては、収入によって異なりますが、おおむね月給の3分の1が目安だと一般的に言われています。この範囲であれば、生活を圧迫する可能性は少なくなります。ただ、人によっては、借金があってそれを返済しなければならない、という方もいるでしょう。そういう方は、可処分所得が少なくなるため、もっと上限を低くする必要があります。また、住居費の補助が出る、という会社に勤めているのであれば、上限はもっと上げても問題でしょう。結局は、自分がその費用を負担できるのかにかかっていますので、家探しをする際には、3分の1を目安に調整していって、自分に払える範囲の物件を選ぶよう心がけましょう。あとは、設備や距離など、詳細な条件で絞り込んでいけば、住みたい住居を見つけることができます。

↑PAGE TOP